岡山県倉敷市の総合建設業

お問い合わせはこちらから

INTERVIEW

スタッフインタビュー

YOKOYAMA RYOYA

横山 諒也[建築部] / 2019年入社

Profile

プロフィール

父が瓦ぶきの職人をしていた影響で、幼い頃から建物に興味を持ち、大学では建築を学びました。大学の就活相談センターで和田組採用担当者と偶然出会ったことがきっかけで入社が決定。現在は工事の段取りや準備、現場の整備などを担当しています。

Q.仕事はどのように覚えていますか?

現場は学びの宝庫です。

現場や日によって業務内容は変わるので、その都度必要なことはメモしたり、職人さんや上司に聞いたりしています。同僚との仲もいいのですが、上司も和やかで丁寧に仕事を教えてくれるので、1人で悩みや問題を抱えるようなことはありません。現場の職人さんの中には高い技術を持ち仕事に厳しい人もいますが、優しくて頼りになる人がたくさんいるので、毎日いろいろな知識や技術が身につきます。

現場は学びの宝庫です。

Q.この会社に入ってよかったと思うのはどんなところですか?

十分に休んでリフレッシュ。上司との関係も良好です。

残業や休日出勤が少ないところがいいですね。実家が香川なので帰省して家族や友人と過ごすこともありますし、趣味のスノーボードも楽しめています。しっかり休んでリフレッシュしているので、翌日の仕事にも集中できます。上司や社長との距離が近く、気兼ねなく話せるところもいいと思っています。

十分に休んでリフレッシュ。上司との関係も良好です。

Q.成長したと感じるのはどんなところですか?

一日も早く、頼ってもらえる管理者に。

弊社では、入社して一ケ月くらいで現場に配属されます。いち早く現場を知ることはできるのですが、一ケ月ではわからないことも多くて。職人さんに何かを聞かれても答えられないことが多かったのですが、今では多少なりとも対応できるようになったので、そこは成長できたなと感じます。今後は施工管理技士や建築士の資格も取り、一人で現場を任せてもらえるようになりたいですね。

一日も早く、頼ってもらえる管理者に。

OKAZAKI YUKI

岡﨑 裕稀[土木部] / 2019年入社

Profile

プロフィール

学生時代からコンクリートの性質に興味を持ち、施工管理の資格取得を目指して勉強に取り組んできました。現在はKYシートや図面の作成、数量計算や写真の整理など、現場のスムーズな進行を支える業務を担当しています。

Q.入社して一年経ちました。どのような変化がありましたか?

人との出会いが成長のエネルギーに

現場で様々な人に出会えたことで、人との接し方や仕事への姿勢が変わったなと感じています。自社だけでなく他社の職人さんとのやり取りも多いので、「正しく伝わるコミュニケーション」を重視するようになりました。現場でわからないことがある時は、職人さんに倣ったり質問したりしています。みんな優しく丁寧に教えてくれるので、自分が誰かに伝えるときも同じようにしたいと考えるようになりました。2級土木施工管理技士の資格も取得予定なので、早く自分の現場を持てる監督になりたいですね。

人との出会いが成長のエネルギーに

TimeSchedule

とある一日のスケジュール

7:25/出社

安全靴に履き替え会社の車で現場へ。

8:05/現場

職人さんが働きやすいように現場を整え、協力会社とミーティング。(10:00~10:30まで休憩)

12:00/昼休み

現場事務所で昼食。午後からの予定や、明日の予定などの簡単な打ち合わせ。

13:00/現場

午前の作業の続き、もしくは昼に打ち合わせした仕事をこなす。

17:00/事務作業

現場事務所で写真整理や図面の作成。日報をまとめ会社に戻る。

18:05/退社

TOP > 採用情報 > 新卒採用 > スタッフインタビュー